文京シビック合唱団は文京区および(財)文京アカデミーの支援の下、地域文化向上の一助となることを目標に2002年に発足し、自主的に運営している合唱団です。

合唱団指導者ご紹介


総音楽監督 指揮者: 松尾 葉子 先生
指揮者: 小森 康弘 先生
指揮者: スティーブン・シャレット 先生
指揮者: 泉 智之 先生
ピアニスト: 上杉 奈央子 先生
ピアニスト: 五十嵐 美香 先生


  
 総音楽監督 指揮者: 松尾葉子 先生
プロフィール
セントラル愛知交響楽団の常任指揮者を5年間務め、現在同交響楽団の首席客演指揮者。東京藝術大学指揮科招聘教授(2008 年)。お茶ノ水女子大学音楽教育学専攻、東京藝術大学指揮科、同大学院修了。パリ・エコール・ノルマル音楽院指揮科でピエール・デルヴォー氏に師事。1982年ブザンソン指揮者コンクールに優勝後、フランス、ベルギーのオーケストラを指揮。帰国後、NHK交響楽団他多くのオーケストラを次々に指揮。二期会オペラの「メリーウイドゥ」を指揮してオペラデビュー。その後、「こうもり」「椿姫」「アイーダ」「カルメン」他多くのオペラ公演を指揮する。2004年には文化庁の海外特別派遣でパリ管弦楽団にて研修。トリフォニー・ジュニアオーケストラ音楽監督。楽譜「6つのエスプリ」著書「指揮者にミューズが微笑んだ」「指揮者、この瞬間」などのエッセイ集がある。
   
 指揮者: 小森 康弘 先生
プロフィール
栃木県宇都宮市生まれ。宇都宮大学教育学部音楽科および、東京藝術大学音楽学部指揮科卒業、同大学院修了。  2004年6月、首席卒業生による芸大定期『新卒業生紹介演奏会』に出演、芸大フィルハーモニアを指揮。また2004年、05年とウィーン音楽セミナーに参加。選抜によりファイナルコンペティションに出場し、第3位を受賞する。2006~07年、ウィーン国立音楽演劇大学オーケストラ指揮科に留学。その後ドイツのミュンヘンに拠点を移し、バイエルン放送交響楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団等において研鑽を積んだ。  指揮を小林研一郎、佐藤功太郎、松尾葉子、田中良和、小田野宏之、クルト・マズア、ハンス=マルティン・シュナイト、ウロシュ・ラヨヴィッツ、エルヴィン・アチェルの各氏に師事。

 これまでにウィーン・プロ・アルテ・オーケストラ、ウクライナ国立ルガンスク・フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、N響メンバーによるアンサンブル等、国内外の多数のオーケストラを指揮するほか、邦人作曲家の作品・オペラの初演を数多く行っている。現在、仙台ジュニアオーケストラ音楽監督。
   
 指揮者: スティーブン・シャレット 先生
プロフィール
米国・シアトル生まれ。インターロッケン芸術高校卒。クリーブランド音楽院卒。東京芸術大学指揮科大学院修士課程修了。アメリカでは、クリーブランド管弦楽団、首席クラリネット奏者フランクリン・コーエン氏に師事。来日当初は、クラリネット奏者として、東京佼成ウィンドオーケストラ等で活動する。指揮を故佐藤功太郎、小林研一郎、小田野宏之、田中良和、松尾葉子の各氏に師事。卒業後は、韓国・チョン・ミョンフンの「インチョン&アーツ音楽祭」に参加、マスタークラスを受講。そして、金沢第2回井上道義、広上淳一氏による講習会で優秀者に選出されオーケストラアンサンブル金沢とコンサートの指揮をする。平成23年3月、東京フィルハーモニー交響楽団の文化庁「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」平成24年8月、「東京フィルこども音楽館2012」で東京フィルハーモニー交響楽団常任指揮者ダン・エッティンガーのアシスタントに着く。2013年12月、慶長遺欧使節出帆400年記念事業オペラ「遠い帆」の副指揮者で参加。江戸川区と鶴岡(山形)の34年目を迎えた友好交流第17回第九を歌う会や地方の合唱・オーケストラ指導。

 これまでに、オーケストラアンサンブル金沢、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、芸大フィルハーモニア、江戸川フィルハーモニーオーケストラ、瀬戸市民オーケストラ、会津市民オーケストラ、いわき交響楽団、すみだトリフォニーホールジュニアオーケストラ、筑波大学管弦楽団、神奈川フィル合唱団等の指揮及び指導をする。オーケストラやオペラだけでなく、ミュージカルや合唱の様々な分野で活躍。また、的確なオーケストラ指導と感性豊かな指揮は高い評価を得ている。
 
 指揮者: 泉 智之 先生
プロフィール
早稲田大学人間科学部卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を佐野正一、川上洋司の各氏に師事。「ヘンゼルとグレーテル」魔女役、「椿姫」ガストン役、「カルメン」レメンダード役などで出演。指揮者としても活動の場を広げており、これまでにモーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」「フィガロの結婚」や、バッハのカンタータなどを指揮。日本の合唱曲から宗教曲まで数多くの合唱団を指揮、指導している。鷗友学園女子中学高等学校勤務。
 
 ピアニスト: 上杉奈央子 先生
プロフィール
お茶の水女子大学音楽表現コース卒業。同大学大学院音楽表現学コース修了。現在同大学院博士後期課程に在籍中。お茶の水女子大学桜蔭会研究奨励賞受賞。これまでピアノを庄子みどり、植木由利子、小坂圭太、中川賢一、井上二葉の各氏、ソルフーェジュおよび作曲を八島秀氏に師事。第7回東北学生ショパンコンクール金賞。第27回TIAA全日本クラシックコンサート優秀賞。第2回東京ピアノコンクール一般の部第2位。2010年カリアリ夏期国際音楽アカデミーにて、J.ルヴィエ氏のマスタークラスを受講、修了演奏会に出演。2011年東京にてソロ・リサイタルを行う。現在、ソロ・伴奏でのコンサート出演他、東京を中心に、多くの合唱団のピアニストを務めている。2014年より、江戸川学園大学にてピアノインストラクターを務める。日本フォーレ協会会員。
 
 ピアニスト: 五十嵐美香 先生
プロフィール
お茶の水女子大学文教育学部芸術・表現行動学科音楽表現コース卒業、同大学大学院博士前期課程修了。これまでにピアノを八重樫恵子、本多昌子、小坂圭太の各氏に師事。現在、同大学院博士後期課程に在籍、音楽表現コース、アカデミック・アシスタントを務める。平成25年度お茶の水女子大学博士後期課程研究奨励賞受賞。東洋音楽学会参事。


 
トップご挨拶指導者演奏会練習日程合唱風景設立回顧閲覧ページ
Copyright (c) 2008 文京シビック合唱団 All rights reserved. コンテンツ無断転用不可