文京シビック合唱団は文京区および(財)文京アカデミーの支援の下、地域文化向上の一助となることを目標に2002年に発足し、自主的に運営している合唱団です。

団長ご挨拶

 2020年度に向けて

 団長  長谷川 和芳
 本日より2020年10月10日開催の第18回定期演奏会を目指しての練習が始まります。新しくご参加いただいた新規団員の皆様を心から歓迎いたします。

 当合唱団は、文京区の文化芸術振興策として、文京区および公益財団法人文京アカデミーのご支援の下、自主的に運営している合唱団です。本年も、総音楽監督松尾葉子先生、合唱指導小森康弘先生、シャレット孝之先生、泉智之先生、ピアニスト上杉奈央子先生、五十嵐美香先生およびソプラノ発声指導萩野久美子先生が引き続きご指導下さいます。

 去る2019年10月19日、第17回定期演奏会を開催致しましたが、1,377名もの方々が来場されました。ヴェルディのオペラ名曲選として「ナブッコ」「マクベス」「イル・トロヴァトーレ」と、「椿姫」第1幕、第2幕でした。何分速い曲なので、イタリア語歌詞を暗記しなければならず、言葉がはっきりしないと終始叱られておりました。しかし、演奏会では大分歌えたのではないかと思っています。また、ソリストの皆様、オーケストラの皆様より多大なお力添えを戴き、お陰様で合唱も盛り上がることが出来ました。

 今期はヴェルディの「アイーダ」より凱旋行進曲、プッチーニの「グローリア ミサ」です。若き日、宗教音楽家として育てられたプッチーニは、ヴェルディの「アイーダ」を聴いて感激し、オペラに変更していったと言われています。そして唯一残された宗教曲が、22歳の時、音楽院卒業制作の「グローリア ミサ」です。これからの1年間練習に励み、その成果を第18回定期演奏会で披露できますよう頑張りたいと思います。
2019年11月5日


イラスト
トップご挨拶指導者演奏会練習日程合唱風景設立回顧閲覧ページ
Copyright (c) 2008 文京シビック合唱団 All rights reserved. コンテンツ無断転用不可