文京シビック合唱団は文京区および(財)文京アカデミーの支援の下、地域文化向上の一助となることを目標に2002年に発足し、自主的に運営している合唱団です。

団長ご挨拶

 2018年度に向けて

 団長  長谷川 和芳
 文京シビック合唱団は、地域文化向上の一助となることを目標に2002年発足し、文京区および公益財団法人文京アカデミーのご支援の下、自主的に運営している合唱団です。2017年9月9日15回目の定期演奏会を開催することができました。

 この合唱団の暦では10月1日より2018年度に入りますが、まずは本年度から当合唱団に新しく参加されます皆様を心から歓迎いたします。本日より2018年10月13日定期演奏会のための練習が始まります。例年定期演奏会は9月に実施しておりますが、2018年8月、9月にシビック大ホールの改修工事が入るという理由より、1か月遅れとなりました。

 取り上げる曲は、ジョン・ラター作曲「マニフィカト」と、モーツァルト作曲オペラ「フィガロの結婚」「魔笛」より4曲の合唱曲です。ジョン・ラターは第9回定期演奏会で「レクイエム」と「グローリア」を取り上げましたが、今回はマリアの賛歌である「マニフィカト」(1990年作曲)を取り上げます。イギリス人ジョン・ラターは1945年生まれで現在も存命しています。この明るく、喜びに満ちた曲を存分に楽しんで練習したいと思います。オペラ曲は、この合唱団では初めて取り上げることになります。これから一年間、演奏会で会場の皆様と共に合唱を楽しめますよう、練習に励みたいと思います。

 合唱指導は、小森康弘先生、スティーブン・シャレット先生、泉智之先生、ピアノは上杉奈央子先生、五十嵐美香先生、またソプラノ発声指導として萩野久美子先生も引き続きご指導下さいます。
2017年9月


イラスト
トップご挨拶指導者演奏会練習日程合唱風景設立回顧閲覧ページ
Copyright (c) 2008 文京シビック合唱団 All rights reserved. コンテンツ無断転用不可